品質の高いパッチワーク糸を選んで納得のいく作品づくり

手芸を楽しくしてくれるパッチワーク糸の種類や選び方紹介

作品のイメージに合わせて選ぶ

アレンジの幅がとても広いパッチワークは、細かいところまでこだわるのも楽しみ方のひとつです。もちろん、作品づくりにおいてパッチワーク糸選びはとても大切です。色んな種類を揃えておくことで、思うようなアレンジを楽しむことができるでしょう。

糸にはどんな種類があるの?

細くて丈夫なパッチワーク糸

丈夫さを求めているのであれば、パッチワーク糸が適しています。また、細いので縫い目が悪目立ちせず綺麗な仕上がりになります。薄い布を縫い合わせたいときに選びたい糸です。

摩擦に強いキルティング糸

パッチワーク糸は細くて目立たないことが特徴ですが、逆に糸によるデザインを目立たせたいという場合はキルティング糸が適しています。模様を描くという楽しみ方もあり、色も様々なので布のデザインに合わせて選ぶことができます。

品質の高いパッチワーク糸を選んで納得のいく作品づくり

手芸用品

糸の使い方を学んでみる

パッチワーク糸選びにこだわることで、パッチワークの制作意欲が高まるかもしれません。糸の使い方について動画で紹介しているサイトもあり、それらを参考にしてみることで、上手く綺麗に仕上げるためのヒントが得られるでしょう。練習も重ねていくごとで技術向上に繋げることができます。

通販では色んな種類の糸が購入可能

パッチワーク糸だけでなく、ボタン付けや衣類の補修用糸など、糸には色んな種類があります。でも、店頭には思ったような糸がなかったということもあるかもしれません。今では幅広く糸を取り扱っている通販もあります。お店まで行かなくても必要な糸をまとめて気軽に揃えることができます。

カラーバリエーションが豊富

パッチワーク糸選びは作品の仕上がりに関わってきます。カラーバリエーションが豊富なので、使用する布に合わせて選んでみるのも良いといえます。同じような色でも、色んな種類があるので、糸の色に細かいこだわりがある人でも納得のいくものが見つかるでしょう。

パッチワークで楽しめることは?ランキングでチェック

no.1

好きな柄を布で創造できる

色んな布を組み合わせていくパッチワークですが、形や布ごとのサイズ、配置によって印象は変わります。パッチワーク糸の色も仕上がりに深く関わってくるので、好みの柄に仕上げられるように構成を練っておきたいところです。

no.2

グラデーションが楽しめる

ただ好きなように布を組み合わせるだけでなく、似たような色でありながら、異なる柄の布同士を組み合わせたり、徐々に違うニュアンスの色や柄の布へ繋げていくという楽しみ方もあります。より考えて構成を寝る必要がありますが、完成したときの達成感は大きいでしょう。

no.3

好みの生地を見つける楽しさ

何十年以上もパッチワークに没頭する人がいるほど、パッチワークは奥深いものです。なお、初めて取り組む場合はパッチワーク糸の使い方に慣れていくことも兼ねて、色んな生地を組み合わせていくと思います。そこで自分の理想にあった生地に出会えると嬉しいでしょう。

no.4

柄の並びによってイメージが変わる

理想の柄に合わせて布の形を変えていく必要があります。また、ばらばらの形であっても配置に工夫することで整った印象になり、変えていくことで色んなイメージが見つかるでしょう。そのためにも制作前に配置についてよく構想を練ることが大切です。

no.5

糸と布の組み合わせを考える楽しみ

パッチワーク糸はとにかく細いが特徴で、縫い目の主張を控えた作品づくりができます。しっかりカモフラージュしたい場合は布の色にあった糸を選びますが、さり気なく差し色を取り入れたいときはあえて違う色の糸を選ぶという方法もあります。